インプラント周囲炎

インプラント周囲炎にお悩みの方へ

インプラントは人工物なので虫歯になることはありませんが、歯ぐきは患者さんご自身の組織であるため、適切なケアを行わないと「インプラント周囲炎」という病気を引き起こす可能性があります。インプラント周囲炎とは、インプラントの根元にプラークがたまり、プラークに棲み付く歯周病菌が繁殖して、歯周病と同様の症状が起こる病気です。

インプラントと歯ぐきの間の溝である歯周ポケットがだんだんと深くなっていき、歯ぐきの腫れや出血などが起こり顎の骨が溶けていきます。最終的にはインプラントを支えきれなくなって脱落してしまうのです。

インプラント周囲炎の進行

インプラント周囲にプラークがたまり、歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れる。

歯周ポケットが深くなる。深くなったポケットに細菌が入り込み、さらに炎症が進む。

炎症によって顎の骨が溶け出し、インプラントがグラついてくる。もしくは膿がでる。

顎の骨がより溶け、グラつきもひどくなる。最終的には抜け落ちる

インプラントの周囲にある歯周組織は、天然歯の周囲にある歯周組織よりも歯周病菌に感染しやすくなります。そのため、インプラント周囲炎を予防するには入念なケアが必要です。毎日のブラッシングと定期検診などのメインテナンスで、インプラントを大切に守っていきましょう。

インプラント周囲炎になってしまったら・・・

インプラント周囲炎も、歯周病と同様に早めの治療が大事。初期の自覚症状はほとんどなく、歯ぐきの腫れ・出血・膿が出るといった症状が出てきた頃には進行しています。症状が出はじめたり、口に違和感が生じたりしたら、早めに受診するようにしましょう。

インプラント周囲炎の治療方法は進行段階によって異なります。正しい方法で治療を行うためには、正確な診断を行うことが重要です。森本歯科医院ではインプラント歯周炎に対しての検査を行い、現状をきちんと把握した上で適切な処置を行います。現在世界的に的確な対処法が模索されている状態です。しかし当院では汚染源を取り除き、骨とチタンをもう一度結合させる技術と症例を世界で唯一有しています。

インプラント歯周炎を調べる検査・診察
  • 歯周ポケットの深さを測定する検査
  • 視診:出血や膿の有無の確認
  • インプラントの動揺(グラつき)度を測る検査
  • 細菌検査
  • 噛み合わせの確認
  • レントゲン撮影
治療方法
歯周ポケットの深さ 処置
~3mm プラークなどの汚れをPMTCなどの専門的なクリーニングで除去します。
4~5mm PMTCなどの専門的なクリーニングのほかに、消毒薬による洗浄を行います。
5mm~ PMTCなどの専門的なクリーニングと消毒液による洗浄を行います。また、骨がかなり溶けている場合はそれらの処置に加え、全身または局所に抗生剤を注射。外科的処置により、インプラントにこびり付いた歯石やプラークを除去します。

予防が一番のクスリ

せっかく手術をして手に入れたインプラントを失わないために も、毎日のブラッシングと、定期的なメインテナンスが大切です。当医院では、インプラント治療後には定期検診を受けていただくことをおすすめしています。

定期検診を受診することで、歯を健康的な状態に保ち、病気を早期発見することができます。

無料説明 随時受付中

ページの上部に戻る