麻酔システムについて

森本歯科医院の麻酔システム

歯を削る音や薬品の臭い、また小さいころからの経験で「歯医者は怖いもの」という先入観を持たれている方にとって、歯科治療は「怖い」「痛い」というイメージが強いのではないでしょうか。ましてやインプラント治療は手術を伴うため、よりそのイメージは強くなることでしょう。

当医院にインプラント治療を受けに来られる患者さんからも治療に対する不安の声をよく耳にします。

当医院では、少しでも安心して治療をお受けいただくために、またインプラント手術を前向きに考えていただくために、麻酔を用いた治療を取り入れています。麻酔薬を使用することで、うとうとしている間に手術は終わってしまい、不安や恐怖感は軽減されます。精神的な苦痛や緊張を感じることなく手術が受けられますので、心理的な負担がグッと軽くなるでしょう。

麻酔を行うメリット

  • 治療中の痛みや不快感がない
  • 治療時間が短く感じられる
  • 血圧や心拍数が安定するため、全身疾患のある方も安心
  • 口のなかに物を入れると吐き気がする方でも、治療中の吐き気がある程度抑えられる

※術後は眠気やふらつきがありますので、車の運転は控えていただきます

静脈内鎮静法

静脈に点滴を注入したうえで、静脈麻酔薬を使用します。使用する薬剤は身体に対し有害な作用はなく、極めて安全なものです。軽く受け答えができる状態から完全に眠った状態まで、麻酔の効果を調節できます。当医院では、歯科麻酔医が患者さんの心拍数や血圧などをモニターしながら治療を行いますので、安心しておまかせください。

※静脈内鎮静法自体には痛みをなくす効果はないので、局所麻酔注射が必要です

笑気吸入鎮静法

酸素にほんのり甘い香りのする笑気をまぜたガスを鼻から吸入する麻酔方法です。身体がポカポカと温かくなり、ゆったりした気分になり、リラックスした状態で治療を受けていただけます。眠っているような状態ですので、不快な痛みや音が軽減されます。吸入を止めれば、すぐに覚醒した状態に戻ります。
※笑気ガス自体には痛みをなくす効果はないので、局所麻酔注射が必要です

全身麻酔

静脈内鎮静法では恐怖感や反射を抑えきれない患者さんや、手術時間が長くなる場合などに用いられる麻酔法です。治療に伴う痛みや音、臭い、味などを感じず、深く眠った状態で歯科治療を受けていただけます。治療中は血圧・脈拍・呼吸・体温などを継続してモニターし、歯科麻酔専門医が全身の状態を管理します。

無料説明 随時受付中

ページの上部に戻る